目黒川ランニング促進協会公認!腰痛の辛さは高反発マットレスで治す

秋から冬へ腰痛持ちには高反発マットレスがおすすめ

慢性的な腰痛に悩まされるようになってかなりの年月がたちますが、そんな中でも気温が高い春から夏にかけての期間は暖かいことで血流も良くなるせいか、腰痛も幾分落ち着いているように感じます。ですが、逆にどんどん気温が下がってくる秋から冬にかけての期間は、かなりきつい時期となってきます。腰痛の種類にもいろいろあると思うのですが、私の場合は腰が痛くなって整骨院などに行くと決まって聞く言葉が「疲労性のものでしょう」という診断結果です。レントゲンなどを見ても骨に異常はなく、原因として考えられるのが筋肉疲労だそうです。

それが過度になってくると耐えられなくなるとの事のようで、事実痛みの初期段階であれば注射により筋肉の緊張をといてあげるとかなり楽になります。気候的に気温が下がるのもそうですが、秋はイベントシーズンでもあり、仕事柄コンサートなどのイベントのスタッフとして働くことも多いことから仕事による疲労もたまってくるようです。プレイべートでも夏から秋にかけては毎年ソフトボールの大会などに何度か出場することもあり、夏場から秋のイベントシーズンにかけて蓄積されてきた疲労がちょうど寒くなるころにピークに達するという事もあるようです。一旦腰痛が限界に達すると、毎朝高反発マットレスから起き上がれない状態になります。

上体をそのまま起こすことができないため、一度横向きになりずるずると高反発マットレスを滑りながら膝をついて起き上がる日々となってしまいます。何とか起き上がり歩きはじめるのですが、顔を洗うのがまた大変です。両手に水をためるために中腰になりますが、腰の痛みでこの姿勢を維持することができません。片方の手で腰を支え、もう片方で顔を洗ったり、ひどい時にはそれをあきらめてタオルを濡らし顔を拭くこともあります。

幸いなことに職場につく頃になると幾分体の方も慣れてくるのか、何とか普通に体を動かせるようになるのですが、毎日この繰り返しだと自分の体が嫌になります。疲労がさらに蓄積されないように腰ベルトを装着して仕事をしたり、なるべく腰を冷やさないよう仕事帰りに温泉に通ったりと地道な対策を取りながら寒い時期を乗り越えなければなりません。年齢的にも若い頃に比べ回復力もかなり落ちているので、劇的に症状が軽くなることももう期待できませんので、なんとかダマシだましといった感じで毎日過ごしています。一度でいいから朝すっきり目が覚めて体の痛みを感じることもなく気分爽快に出かけていくことができればいいのになぁというのが最近の夢です。なかなか実現しそうになく本当に夢で終わりそうですが。

腰痛は我慢は禁物。痛みが出たらしかるべき処置を

人間の動きの起点となる腰ですが、ここが痛いと毎日の生活は一変し何をするにも辛い。腰痛を持っている方であれば容易に想像して頂けることかと思います。

私もその1人です。現在は30代の後半になりますが、若い頃は運動もよくやって筋肉痛なんてことはあれども関節痛や腰痛などとは無縁の毎日を送っていました。1度ぎっくり腰を経験はしましたがあれは地獄でしたね。今回の話とは脱線しますので割愛しますけど。
さて、そんな若い時期を過ごしてきた私だったのですが、30代になって急に腰痛に悩まされることとなりました。初めに違和感を覚えたのはデスクで仕事をしていた時でした。腰の少し上の当たり、腰というのか背中というのか丁度中間あたりに「ピリッ」という感じの痛みを覚えました。一瞬のことでしたのですぐに立ち上がり腰を伸ばしてみたり前かがみになってみたり、痛みを再現してみようとしましたが痛みは消えていました。その時はデスクに座りっぱなしだったので疲れたのだろうと気にもしませんでした。

それからしばらくは腰に痛みなどは全くなく通常通りの日常を過ごしていました。半年ほどが経過したある日、またあの痛みが来ました。今度も同じように確認した所、腰をかがめると痛みが走ります。私も年だしとうとう腰痛が来たか、と思いながら腰を反らしながらで仕事を終え家路につきました。

だからこそ高反発マットレスを使用するのが一番の方法なのです。

高反発マットレスを使って睡眠をとる事で腰への負担も軽減されますし非常に効果的だという事は専門家も認めておりこのように語っています。

つらい腰痛・肩こりを解消するためには、理想的な寝姿勢をサポートしてくれる高反発マットレスを使用するのが一番です。

睡眠中の理想的な寝姿勢とは、体のラインが一直線になること。

でも柔らかなマットレスでは体が沈みこんでしまう、固すぎるマットレスではお尻や肩に負担がかかり過ぎてしまいます。

大切なのは、程よい反発力で身体を持ち上げてくれるマットレスを選ぶことなのです。

出典元:医師がおすすめする高反発マットレスランキング

痛みは日々強くなっていきました。仕事は気合いと根性でなんとか乗り切っていましたが休みの日になるとほとんどの時間横になって痛みがこないようにする生活となりました。そこで私がまず試したのは湿布です。痛い患部に貼ってみましたがイマイチ効果が感じられません。次が整体です。近所の整体をネットで調べたのですがどこもなかなかいい値段します。腕はわからないので少しでも安い所を探し行ってみました。それまで行ったことがなかったのでどんな事をするのか興味津々でしたがマッサージみたいなものでしたね。ウォーター高反発マットレスみたいな物に寝かされてグネグネされたのは少し感動しました。効果の程といえば当日は良いのですが翌日は振り出しに戻る状態でした。
数回通いましたが期待していた効果がなかったので諦めました。この時点で腰痛がやってきてから半年ほどは経っていたと思います。

それからはサプリメントを飲んでみたり、腰痛サポーターを買ってはめてみたり、お灸なんかも試しました。どれも一長一短なのか多少の効果は実感できるものの根本的な解決には至りませんでした。

最後の手段として整形外科へと足を運ぶことになりました。初めから行けばよいと思うでしょうが私は重度の病院嫌いです。風邪などで熱があったとしても断固として病院には行きません。しかし今回はもう背に腹は代えられません。腹を決めて病院にいきました。

診断の結果は椎間板ヘルニアでした。
MRIも撮りましたので画像を見ながら説明を受けました。臀部やももの裏に痛みはありませんでしたかと聞かれその時初めてそういえば痛むような気がしました。
手術をするほどではないけどほおっておくのはよくないということで薬と家でできるリハビリを教えてもらい帰りました。
帰ってから今までの半年以上は何だったのか、早く病院に行けばこんなに悩まされることもなかったのにと自分の病院嫌いを悔やむのでした。

今では痛みも大分緩和され健康的な毎日を送っています。
そしてこんな私が言えるのは痛みがあれば早く病院に行くべきです。当たり前なんですけどね。
みなさんも健康には注意して健やかな日々を過ごしましょうね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *