腰痛とのつきあい方でその後の人生は大きく変わる!

私は重症の肩凝りです。学生の頃からでもう30年近くになります。

とにかく肩凝りから頭痛・歯痛などになり、10代の頃から、指圧、針治療、お灸、カイロプラクティク、整体などあらゆるものに通っていました。

ある針の先生に見てもらっていたとき初めて、「こんな腰張っているのにしんどくないの?」といわれ、初めて腰痛を意識しました。

肩のしんどさに気を奪われ、腰のダルさや痛みには鈍感だったのです。

それから、気にしていると夜、布団に入ってからだを寝かせるとき、腰を布団に付けるときに鈍痛があったり、ちょっと荷物を持ち上げる時などに違和感があることに気づき、それを先生に伝えると、「放っておいたらギックリ腰になるよ」と、言われました。

そこで、改めて腰の方が重症であることに知りました。

それからは、少しでも腰に違和感があったら、すぐに鍼やお灸をしに病院へ。
とにかく、早めの手当てを心がけています。

また、長時間同じ姿勢で作業をするときも意識的に休憩を設けて、ストレッチなどをして、疲れを解放するように。
なにかに集中しすぎないように心がけています。

実は私の妹が腰痛持ち、というより、ギックリ腰持ちなのです。

始めは20歳頃に、友人と買い物へいった先でギックリ腰になりました。

低い位置にあったショーケースをしゃがんで覗いていて立ち上がる時に「ギックリ」きたそうです。
その時は親切なお店の人と友人に近くに整骨院に運ばれて、応急処置をしてもらい、タクシーに乗って帰ってきました。

タクシー代がなにより痛い出費だったそうです。

それからも何度かギックリ腰を経験するなかで、彼女いわく、今ではギックリ腰とは「仲良し」だそうで、ヤバイな…という腰からの信号がわかるとのこと。

そんな時は、腰をいたわった動き方をしたり、どういう動き方をしたら負担をかけないか?を普段から研究?しているらしいです。

もういよいよヤバイ!という時のための駆け込み寺のような鍼の先生もキープしているらしく、なってしまう手前で治療をしてもらっているみたいです。

始めてのギックリ腰が外出先だったという経験から、とにかく外ではならないように気をつけています。

腰痛が悪化すると、当たり前の日常生活でさえ、できなくなってしまいます。

普段からいたわりながら、ちょっとした違和感に敏感になって早めの対策が必要ですよね。

あと、姿勢によっても腰に負担が行くようですので、姿勢も気をつけるとかなり変わるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *